読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾人とオーストラリア暮らし

オーストラリアでの生活情報と台湾人ルームメイトとの日常生活、過去の台湾生活をお届けします。

同棲前の不安はどう解消した?同棲1年目を迎えた今、振り返ります

こんにちは-('ω')

 

今日は「同棲前に不安だったこと」と1年経ってその悩みはどう変化したのかを紹介します。

f:id:sia_kawase:20170208174607p:plain

 

わたしと台湾人の彼は付き合い始めて2年、同棲を始めて1年が経ちました。わたしはずっと実家暮らしで同棲経験が無く、初めての同棲でした。ちなみに彼も同じです。

同棲を始める前は、ちょっと楽しみだったのと、ちょっとした不安がありました。同棲を初めて2ヶ月は、とても大変でした(;^ω^)

不眠、喧嘩、イライラ…環境の変化にまったく対応できず、心が荒れていました。

 

そんな色々な事を乗り越えて落ち着いてきた今、同棲前の不安と現在の様子を紹介します。

 

 

①スッピンを見られたくない

f:id:sia_kawase:20170207222453j:plain

メイクを頑張っている(わたしのような)女性の共通の悩み。特にスッピンとメイク後の顔が変わる女性は、彼氏だからこそスッピンを見られたくないですよね。

わたしは目が小さいのがコンプレックスで、カラコンやつけまつ毛をしていたのでそれを取った後の顔は見られたくありませんでした。

 

同棲前までは旅行の時など、どうしてもメイクを落とさなければいけない時、お風呂に入った後ばれない程度にお化粧をして、寝る直前にメイクを全部落として、朝起きたらすぐにメイクをしていました。それぐらいスッピンがコンプレックスです。

 

しかし、同棲はちょっとした旅行やお泊りとは違います。一緒に生活をするので、必ずどこかのタイミングでメイクを落とさなければいけません。

なので、同棲をするなら最初の内に潔くスッピンを見せてしまいましょう。わたしの場合、最初はやはり抵抗がありましたが、慣れてしまえば何も感じません。「ブスでもいいや」と割り切る事が大切です。

 

寝る直前までメイクを落とさず、朝早く起きてメイクをするという方法もありますが、ストレスが溜まるのでお勧めしません。(実は実験済み)

 

彼はわたしのスッピンを見た時に特に何も言いませんでしたが、「なにか違う」と、思っていたでしょう。1年経過した現在は「目が小さい」とからかわれています。それでも変わらず好きでいてくれています。今の方が気持ち的に随分楽です。

 

だからと言って、まったくメイクをしなくなるのはいけません。出かける時にメイクをするなど、定期的に綺麗な自分をアピールすると彼にとって良い刺激になります。マンネリを避けることができます。

 

②おならやゲップはどうしよう、生理の時は?

絶対に逃れることのできない生理現象。同棲中であってもかならずしたくなる時や、なる時があります。

おならやゲップについてですが、ゲップは元々飲み込んでしまう体質なので大きな音で「ゲェェェ」と、することはありません。おならは、同棲して1年経った今でも聞かれるのが恥ずかしいです。なので、なるべくこっそりとしています。

出てしまったときは、あえて何も言いません。案外聞こえていない事も多いので変に言うと「あ、おならしたんだ」と、相手に自分から気づかせてしまいます。

 

ちなみに彼ですが、かなり潔く大きなおならとゲップをします。余談ですが、元々台湾人は女性でも堂々とゲップをします。とても美人な方がいきなり「ゲェェェ」と、ゲップをするのは珍しくありません。台湾あるあるです。

彼の方が潔い方が女性としては楽です。

 

生理は彼の方はまったく気にしていないようです。彼には妹がいるので尚更女性の生理には慣れています。わたしは元々同棲をしていなくても、体調が悪くなるため、彼に伝えていました。なので同棲が始まっても同じ感覚で彼に伝えています。

 

③女性として意識されなくなる?

f:id:sia_kawase:20170205172925j:plain

同棲をすると女性として意識されなくなると、同棲をする前によく聞いていました。それがきっかけで別れる原因になるのかなと、同棲前は不安でした。

同棲し始めて1年経った今は「半々」です。兄、妹のような関係であり、恋人でもある。しかし、同棲前のように100%恋人ではありません。

 

一緒にいる時間が増えていくほど、お互いの素が見えてきます。良い所も悪い所も知っていくうちに、心の距離がどんどん近づいていきます。そうすると、関係もより一層深いものへと変わっていきます。恋人から家族のような感覚へ変化します。

そうすると同棲前のようにドキドキしたり、会いたいな、何してるかな?など、相手を考える時間は減ります。

その変わり、相手が居ることでの安心感が生まれます。 

 

気を付けておきたいのが、まるっきり女を捨てた生活をしていると、「恋人・家族」の枠を超えて「男友達」のようになってしまう事です。休日メイクをしたり、ヨレヨレの下着を買い替えるだけでも関係は保たれます。

 

④一緒にいる時間が増えると疲れそう

部屋の間取りにもよると思いますが、わたし達は、現在シェアハウスのカップルルームに住んでおり、ダブルベッドに机が置いてあるだけの簡単な部屋です。そのため個人個人の部屋がありません。

ということは、まったく自分一人の時間が無い状況です。

 

このような環境になってみると、慣れるまでイライラしてしまう事がありますが、その内相手がいる生活が当たり前になり、存在が気にならなくなります。

これは慣れるしかありません。

 

わたしは2人の時間が辛くなった時は一人で散歩に出かけていました。音楽を聴きながら公園を1時間ほど歩きます。

 

時間が解決してくれる問題ですが…しかし、

映画を見ていたり、勉強をしている時など、自分が何かに集中している時に話しかけられるのはイライラします。そして、音楽を聴いたり、声に出して英語の練習をしている時に相手に気を使います。そこが現在でもストレスになっています。

なので、結果的に同棲をするなら二部屋ある間取りが良いです。

 

最後に

わたしの同棲前のちょっとした不安、共感できるものがありましたか? 特に彼にスッピンを見せたくない女性は多いと思います。最初は不安やストレスが多いと思いますが、それ以上に相手を思いやる気持ちが増え、現在は同棲をしてよかったと思っています。これから同棲する方の参考になれば嬉しいです。

 

それでは、

最後まで読んで下さってありがとうございました( ˘ω˘ )

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!